検査方法はたくさんあるんです!

こんにちは、ゆっこです。

この間私がやってきた不妊検査の他にもいくつか検査の方法はあって、6大基本検査っていうらしいです。その検査は私が受けた「子宮管造影検査」の他に「基礎体温」「精液検査」「頸管粘液検査」「フーナーテスト」「経腟超音波検査」っていうのがあるんです。男の人が受けるものと女の人が受けるものがあるんですけど、その他にも色んな検査方法があります。

この他の検査は「子宮鏡検査」「卵管鏡検査」「腹腔鏡検査」というものがあるんです。これらの検査は基本的には一度にはできません。生理の周期に合わせて行うものなんです。例えば子宮卵管造影検査はレントゲンなので排卵前に検査を受けます。頸管粘液検査とかフーナーテストは排卵期に検査をするものです。それぞれ検査の時期が違うので通常は1ヶ月かけて検査を行うんです。というか1ヶ月かけないと検査は全部できないんですよ。

検査方法はまだあって、これでもかってくらい色んな可能性を考えて検査してくれるんです。例えば、精子を異物としてしまう抗精子抗体を調べる血液検査だったりとか、ホルモン検査、クラミジア抗原・抗体検査なんていうのもあります。これだけ検査してると身体が持たなそうですよね(笑)

まぁでもこれは全てやらないといけないわけではないので場合によっては私みたいに一つしか検査しないって人もいます。クリニックによって重要視してる検査があるのでそこは通うクリニックに聞いてみるといいと思いますよ!

子供ができない

札幌在住のゆっこです。結婚5年目の35歳です。

今の夫とは職場が同じで、そこで知り合って2年付き合ってから30歳の時に結婚しました。それから私は専業主婦になったので仕事は辞めてます。

で、結婚当時から妊活をずっとしてきてるんですけど、全然妊娠する気配がないんです。排卵日に合わせてはげんだりとかしてタイミングをはかったりもするんですけど、できません。

私に問題があるのか夫に問題があるのかわからないんですけど、流石にできなさすぎるので不妊治療を受けてみようと思います。私が受けたのは子宮卵管造影検査です。

これは卵管の詰まり具合とか子宮の形に異常がないかとかをレントゲンで調べてくれくれる検査で、子宮内腔にカテーテルって言われる細い管を入れてから造影剤を注入します。そして造影剤が子宮から卵管を通っていく様子をX線で観察するもので、この通る感じで詰まってないかとかを診てくれるんです。

この検査で診てもらえるのは詰まり具合だけじゃなくて、卵管の出口周辺の癒着とか子宮内腔の癒着、骨盤腔内の癒着とかも診てもらえます。

この検査をすると、卵管の詰まりがなくなって、良くなるので、卵子が通りやすくなるんだそうです。ただ、造影剤が入る時にちょっと痛みがあるんですよねぇ。

でもこれで詰まりが良くなって子供ができるならこのくらいの痛みは全然大丈夫です。子供できるといいなぁ。